黒ギャルビッチにまかせなさいがスマホ用デジコミ化

黒ギャルビッチにまかせなさい

スマホ用デジコミ配信情報

おねショタのえっちシーンにタッチ

黒ギャルビッチにまかせなさい「夏休み中はえっちし続け」

黒ギャルビッチにまかせなさいは、元々同人サークルほっとみかんのPC向けおねショタ作品ですがスマホ用デジコミ化されました。

これは1人になれる環境にPCがない人にとっては朗報と言えるでしょう。

ただし、いくら黒ギャルビッチにまかせなさいがスマホで読めるようになったからといって、人目に付く場所で読みまくるのはやめましょう。

横からチラ見されたら、色々とヤバい事になるかもしれませんよ。

あと、初めて黒ギャルビッチにまかせなさいという作品に触れる時は、先に無料立ち読みしてみる事をおすすめします。

スマホから無登録で、すぐにサンプルを楽しむ事が出来ますので、気になったら気軽に読んでみてください。

配信ページに無料立ち読みというボタンがあるので、それを押すだけでOKです。

あとは、ただ画面に触れていくだけで、勝手にコマが進んで行ってくれて超ラクですよ。

黒ギャルビッチにまかせなさいのあらすじ

黒ギャルビッチにまかせなさいのあらすじを簡単に説明すると、夏休みに田舎へ従姉が帰ってきて、ちっちゃな男の子にエッチな事を教えまくるという展開です。

全身日焼けしたショートカットの女子校生、篠原美鈴がヒロインです。

この人、とにかく凄まじい破壊力を持つカラダを持っています。

身長157で、各サイズは上から108,57、85と、超巨乳JKですね。

真面目なお勉強をショタっ子わたるに教えてあげようとした彼女は、逆に教えられるという所から黒ギャルビッチにまかせなさいは始まります。

逆に馬鹿にされ始めた彼女は、エッチな悪戯で反撃開始です。

小さなぞうさんが出てくると思ってわたるのパンツを脱がせると、とんでもないブツが出現しました。

まず最初は、そのまま手コキで初めてイっちゃう感覚を教えてあげます。

黒ギャルビッチにまかせなさい「生エッチ中」

でも、美鈴は爆乳だけに当然、得意技はパイズリで、小さな身体なのに何故か巨根の男の子をコスりまくる事になります。

とりあえず大人のエッチなお勉強が始まるわけですね。

手とおっぱいで2度イカせた後は、子作りの実践教育となります。

その結果、お部屋でヌプヌプ、お風呂でぱふぱふ、プールでパコパコと、黒ギャルのエロ過ぎる身体に絞り尽くされてしまいます。

夏休みという暑い時期に、まるで動物みたいな感じでアツく種付け交尾しまくっちゃいますよ。

そして、小さな身体の巨根男子に突かれまくって、思いきるアヘる美鈴さんw

散々エッチなお勉強をしまくった夏休みの終わりには、とんでもないオチが待っているのも黒ギャルビッチにまかせなさいの凄い所です。

黒ギャルビッチにまかせなさいの感想

黒ギャルビッチにまかせなさいを読むと、ストーリーはおねショタ系作品によくあるものですが、設定が面白いという感想を持ちました。

まずヒロインの黒ギャルは、最初からビッチさんですね。

それで田舎にいる可愛い系の男の子を食っちゃう流れになるのは、まあ当たり前の事です。

でも、衝撃的なのは、そのショタっ子くんが、まさかの超巨根だった事ですね。

全体の身体、そして見た目に反して凶悪な兵器を股間で飼っていました。

このギャップも黒ギャルビッチにまかせなさいの注目点だと思います。

何せ、こんなビッチなJKが今まで見た中で一番デカいとか、マジで信じられません。

可愛らしい男の子にテポドン級が付いていて、すぐに性に覚醒させるのだからアツい話です。

というか、このわたるって子、ホントにデカ過ぎるモノを持ってますね。

そんな展開からビッチな女子校生が、最初は余裕ぶって童貞君を襲っても、しばらくして逆に攻められて喘ぎまくるという逆転現象が発生するのも良い感じです。

黒ギャルビッチにまかせなさいというだけに、終始男の子が攻められまくりのイカされまくりかと思ってました。

それは良い意味で期待を裏切ってくれたので、全く問題ありませんでした。

とにかく最初はゴム付けてたのに、途中から生撃ちしまくるので、一体どうなってしまうのだろう?と思いましたが、この辺のフォローも実はあるんですよね。

実は作者のサークルほっとみかんには、おねショタ系作品が黒ギャルビッチにまかせなさいの他にも存在します。

そちらは、ヒロインが全くこの作品と正反対のキャラで、タイトルはおねーちゃんにまかせなさい!~中出し子作りセックス~と言います。

黒ギャルビッチにまかせなさいを読んでみた結果、気付いたらおねショタにハマってしまったという感じです。

黒ギャルビッチにまかせなさい

スマホ版サンプル&無料立ち読み

↓ ↓ ↓

黒ギャルビッチにまかせなさいを読む